イベント

台風6号の進路は週末に関東 隅田川花火大会は開催されるのか

台風6号発生(ナーリー)進路は

7月26日9時に台風6号ナーリーが発生

台風6号 7月26日(金)9時現在
擾乱種類   台風(TS)
存在地域   潮岬の南南東約430km
移動     北 20 km/h
中心気圧   1000 hPa
最大風速   18 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 25 m/s
出典:ウェザーニュースより

そんな数値いいから、進路は?私の家は大丈夫?週末の予定どうなる?
気になるのはそこですよね

引用:ウェザーニュースより

関西、東海、甲信は27から28日にかけて強い雨予想で
特に東海地方の方は強風にも注意が必要です。

関東は28日に雨、ということは隅田川花火大会は決行


台風6号発生も隅田川花火大会2019は決行されるのか

関東随一の伝統と格式を誇る大花火大会
隅田川花火大会

テレビ東京では生放送されるなどその規模の大きさは歴然
楽しみにしている方も大勢いるはず。

この週末を狙ったかのような台風発生に隅田川花火大会の開催はどうなるのか?
東京ウォーカーによる花火情報は以下となっていました。

打ち上げ数 約2万発(第一、第二会場合計)

打ち上げ時間 90

前年の人 約90万人

開催日時 2019727日(土)19:00~20:30

荒天の場合は7月28日に延期 小雨決行

出典:東京ウォーカー全国花火大会2019

小雨なら決行

ただし今回は台風直撃の恐れです。
小雨どころじゃないかも…

ただ現在の予報では27日の夜はまだ台風の中心は東京都心から離れている為
隅田川花火大会の会場付近で強い雨が降る可能性は低いとされています。

最新情報は隅田川花火大会の公式Twitterが一番早いかと思います。
現段階では予定通り27日に開催予定! 

雨もあまり降らなさそうだし、公式も今の所決行と言ってる。
じゃあ大丈夫か!と思いますが、

ちょっと待って!


雨が降らなくても花火大会は中止になる可能性

問題は雨だけではないのです。
台風がくると雨の他に困るのはですよね

台風に向かって吹き込む風は平均で7~8m/sが予想され、

「東京都における煙火の消費に関する基準」では天候による中止の要件として、
「地上風速7m以上の強風が10分以上継続して吹いている場合」とされています。
現在の予想通りの風が吹いた場合はこの要件を満たし、
開催に影響が出ることになります。

まだ台風の進路や接近タイミングにブレがあり、風の予測は少しの進路の違いで大きく変化するため、開催が非常に微妙な状況です。
引用:ウェザーニュースより

台風が近くにいるだけで中止の可能性があるのです…

隅田川花火大会の公式では27日に開催出来ない場合は28日に延期
両日開催不可能な場合は中止とすると発表しています。

 

実施の可否の判断は、原則として当日の午前8時に行うとのことなので、
隅田川花火大会へ行く予定の方は最新情報にご注意ください

 

隅田川花火大会を楽しみにする人たちの反応


そう、関東は27日三ヶ所場所で花火大会が開催予定なんですよね
台風影響で全てなくなったら寂しすぎる…


この1年に1度の日を何も狙ってくることないじゃないか!と思いますが
台風にとってもシーズン…
結構「ヤバそう、中止かも」と感じている人は多いみたいです。

昨年も台風の影響があった隅田川花火大会

こういうシーズンなのか…
覚えている方もいらっしゃるでしょうが、去年も台風の影響で
開催が危ぶまれたんですよね

昨年は7月28日開催予定が27日の午前10時の時点で延期が前倒しで発表され
翌日29日に無事開催されました!

台風の影響で心配されたものの、さすがの隅田川花火大会
87万4千人の方が足を運んだそう。

今回もお天気がもってくれることを祈りましょう。

隅田川花火大会が開催されても注意を

もし台風6号の影響もなく隅田川花火大会が開催になっても、
出来るだけ安全な場所で見たほうがいいのですがどうしても出かけて行く方は
注意してください
台風が近くにいることには変わりないので…

  • 川に近づきすぎない
  • 傘は使わずカッパの使用を
  • 浴衣ではなく動きやすい格好を
  • 車で行かない

せっかくの花火大会、普段着にカッパなんて…と思うでしょうが、
最後まで雨が降らない、強風がふかない保障はありません。

万が一そうなれば浴衣では避難が大変

そしてもちろんカッパより傘を使用する人が多いですが、台風の中では
よく突風で傘が壊れてしまいます。

これは守って!

よく壊れた傘を捨てて行く人がいますが、これを隅田川花火大会の規模で
やったらどうなるでしょう?

90万人にも登る人たちの一部が捨てるだけでもすごい数になり、
また、強い風で飛んでしまって非常に危険です。