注目製品

iOS13にアップデートしたらLINEが開かない人続出!不具合と対策は

こんにちはタピノ(@tapinonono)です。

今日20日、Appleの最新iOSであるiOS13がiPhone 6s以降の機種を対象にリリースされました。

スピードアップや機能アップを目的としてアップデートされるiOSですが、もはやユーザー間では「すぐにアップデートするのは危険。様子をみたほうがいい」というのが通常です。

ただここ最近は目立って困る不具合が特になかったことから油断したユーザーも多かったよう。今日アップデートした人から困っている声が上がっています。

現在上がっている不具合、バグとユーザーの声、その対策を調査しました。

iOS13で現在確認済の不具合やバグとユーザーの声

もちろんアップデートで改善したものもみられます。FaceIDの認証速度やアプリ起動、Safariの読み込み速度などは改善されているよう。

ただそれ以上にユーザーを困らせている不具合が以下

  • LINEが開かない・起動しない
  • Bluetoothの認証確認(普段Bluetoothを使わないアプリでも)
  • 4点タッチが出来ない(ゲームで影響)

 

BluetoothについてははiOS 13で強化されたアプリの権限監視によるもので、おそらくLINEのBeacon(ビーコン)使用許可を求めているものだと思うので、不具合ではなく通常だと取れます。

iOS13でLINEが開けない・起動しない対策は

特に困るユーザーが多いと思うのがLINEの不具合で、iOS 13へアップデートをした複数のiPhoneユーザーより、アップデート後にLINEが開かない・起動しないという報告が上がっています。

動作確認出来ている人もいるので全員ではないのですが、自分に起こると困りますよね。LINEが開けないことに出来る現在の対策は

iOS 13でLINEなどアプリをアップデートする

  1. App Storeを起動する
  2.  画面右上のプロフィールアイコンをタップ
  3.  “利用可能なアップデート”に表示される「すべてのアップデート」またはアプリごとに表示される「アップデート」を選択アプリを強制的に終了して、デバイスを再起動してからLINEを開きます。

iOSをダウングレードする

  1. ipswファイルをMacにダウンロードしてからiPhone、iPadを接続する。
  2. 最新バージョンのiTunesを起動させてMacならOptionキー、Windows PCならShiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリック。
  3. ファイルの選択画面が表示されるため先ほどダウンロードしたipswファイルを選択。
  4. “iPhoneはiOS 12.X.Xソフトウェアにアップデートされます。アップデートはAppleにより検証されます。”が表示されたら「アップデート」をクリックすると「iOS 12」へのダウングレードがスタートする。

今不具合があってもLINEなど大手は対策が早いので少し待てばアップグレードのみで解決することも多いので、落ち着いて対策を打ちましょう。

「あれ!?」と思ったら端末再起動をしてみるというのを忘れずに!機械はとにかく1回再起動です!

iOS13アップデートでその他の不具合と対策

ちなみに上記のLINEが起動しない不具合についてはLINEアプリを最新バージョンにアップデートをすることで改善したという報告も。

iOS13アップデート不具合対策まとめ

  • LINEが開けない、起動しないなどの不具合
  • いくつかのゲーム系アプリが開かない
  • まずは各アプリの公式の発表がないかチェック
  • アプリ側のアップグレードやiOSのダウングレードで対策

マウスやPSコントローラーが使用出来たりzipダウンロード解禁やフォントダウンロードなどなど、確かにたくさんのユーザーが喜ぶアップデートもあるので、早く不具合がなくなって安定して使えるようになるといいのですが…