世の中

日本の給付金・補助金10万とは?コロナ経済対策いつから

こんにちはタピノ(@tapinonono)です。

新型肺炎コロナの影響で外出の自粛要請が出たり飲食店が営業停止していたりと”生活に必要不可欠”なサービス以外のビジネスがピンチを迎えています。

また、怖いのがこの状況の終わりが見えないこと。

今知っておきたい日本のコロナ影響への経済対策として期待される給付金や補助金について
現段階での情報をまとめました。

日本の給付金や補助金は現金10万?商品券?その他は

お金
考えられた給付金や補助金など経済対策案
  • 現金での給付
  • 消費税を減税や一定期間取りやめ
  • キャッシュレス払いでのポイント還元
  • 商品券配布

この中で現在現実的に案が上がって進んでいるのは商品券の配布のみ。
1万円から2万円程度の予定だそうです。(3万円まで検討されている)

また、使用用途を旅行や外食などに限定し使用期限もあるとのこと。

そして配布の所得制限が300から500万円以下となっています。

麻生太郎財務相が現金給付に関して「全国民に配るのではなく対象を線引きする必要がある」との認識を示しました。

給付金10万円っていう話は!?

一部で「給付金は1人10万円貰える」という噂が上がりSNSなどで盛り上がっていましたが、

  • 人々の希望
  • 10万円程もらってもおかしくないくらいの経済的打撃を受けている人が多い
  • ニュースで「自民党が国民1人10万円現金給付案を検討している」と検討案として流れた

こういった理由から期待が高まっていましたが現在発表されたのは商品券の配布。

ニュースで流れた情報によれば自民党幹部が漏らしたとのことです。

現在上がっている緊急経済対策案

一部の世帯に限り1世帯あたり20万円程度の現金を給付する案が検討されている。

またその給付方式は自己申告制。対象は生活困窮世帯とされている。


日本の給付金や補助金はいつ貰える?

もはや「給付金」「補助金」と金をつけるのも相応しくない補助になっていますが商品券の申請や配布はいつから始まるのでしょうか?

正式な日程は発表されていませんが、出ている情報としては

申請:5月末以降
配布:夏以降

今困ってるのに!なんでそんな遅いの!?

今月3月末に2020年度予算案が成立する見込みで、その後の補正予算案の国会審議や給付準備に「一定の日程が必要」とされています。

ちなみにアメリカでは2週間後を目処に配布が開始される予定です。


給付金の現金配布はなぜないのか

商品券でってなんで?家賃を払ったり食べ物を買ったり、生きていくのに現金が必要なのに!

そういった声はごまんと上がっています。

どうして現金で給付されないのか?

人々が貯蓄に回す可能性が高いと考えられて経済が回らないから

また、消費税の減税や一時停止については「即効性がない」との判断と消費税の変更に際しお金がかかるので却下状態です。

こういった声には「この状況で貯蓄に回すなんて元々かなりお金がある人がすること。今の生活で家賃や光熱費が来月払えるかも危うい人がいるのに…」とガッカリを越えて怒りが沸いている人も多い状況です。

日本の給付金が商品券で5月からに世間の反応

商品券で
申請5月から
配布夏から
1、2万円程度

と聞いて誰もが「え?」と耳を疑うのではないでしょうか。

本当に、今この時に仕事を失って生活に困っている人のことを全く見えてない経済対策に感じますね。

日本のコロナ経済対策給付金や補助金まとめ

今現段階での発表では「そうじゃないだろう…」と誰もが感じてしまうような内容となってしまっていますね。

ここまで国民がブーイングしているのを受け止めてなんらかの変更が加えられるのを望む人が多いと思いますが、どうなるのでしょうか。

具体的な経済対策は来年度の予算が成立後に安倍総理が発表するのではないかとみられています。

現在のコロナ影響を受けた生活と同じく誰もなかなか先が見えない状態です。